飲む中絶薬で“自分で中絶”できる国も。日本ではなぜダメなのか(女子SPA!)

飲む中絶薬で“自分で中絶”できる国も。日本ではなぜダメなのか(女子SPA!)
現在、世界80ケ国以上で、「経口中絶薬」つまり飲み薬での中絶が認められています。
[紹介元] 女子SPA! – Yahoo!ニュース 飲む中絶薬で“自分で中絶”できる国も。日本ではなぜダメなのか(女子SPA!)

WHOの新『中絶ケアガイドライン』 「安全な中絶」は当り前 人権尊重が第一で、情報提供の上、女性/少女が自分の価値観と好みに合うサービスを複数の選択肢から選べるようにすべしとの画期的な内容 搔爬は「行わない」ことを推奨 中絶薬は廉価で…

もうずっと、ずっと怒ってるよ。わたしたち、そして先輩のフェミニストたちは何十年も、何百年も。性暴力被害、中絶薬の価格、賃金格差、ジェンダーロール、アンコンシャスバイアス、ルッキズム、他にも色んなことにずっとずっと声上げてる。自分が知らないものをないものとするな。

自分が想いを寄せる女性が、愛する夫との子を妊娠しているので流産させる為に中絶薬として水銀を、拒む女性を押さえ込み無理矢理飲ませ、結果母子共に亡くなったお話、有閑倶楽部にありましたね…。悪用とはそういうことですよね…(›´÷`‹ )

この本は、特別養子縁組や中絶も含め、産むor産まない、自分で育てるor託すという選択について、10代の声を元にまとめています。緊急避妊薬や中絶薬の話も。妊娠不安を抱える人、妊娠した人それぞれの思いや選択を「安易に」批判しないでほしいと思います。…

中絶薬の正しい情報が載った日本語のソースは少なく、国もネガキャンばかりで正しい情報を流そうとしない。 だから私は他の人が言わない有益な情報をこれからも垂れ流していきます。 その情報で救われる人、自分の人生を生きられる人がいるのだから。

自分の今の症状をそのまま伝えました! その時は本当に自分のことしか考えられなくて、中絶したくなるし、どんな子が産まれてもいいから薬飲みたいです限界ですっていいました😢あとは、産婦人科の先生が血中濃度低くなるって言ってたというのも話したら薬増えました!

緊急避妊薬とか、中絶の同意のとか、再婚禁止期間とか、生理用品(が軽減税率の対象にならないこと)とか、議員の女性比率とかが、「女」がどう扱われているかを突きつけてきて、それがすごく苦しい。 自分がそんなふうに扱われている存在である、ということが苦し…

やっぱ事実知るのばか怖いし泣きながらやったけど検査薬大事🥲躊躇ってる間に取り返しつかなくなる可能性もあるし病院いけてよかった🥲一週間経つの待つ間に病院調べてた自分優秀すぎる🥲女は生きてるだけで偉いよ🥲まじで🥲中絶怖🥲 生理 くると信じて酒飲みまくってた 結局妊娠

ただ今回は元となる山添拓の言い方も悪い。 中絶薬740円パニックの時と全く構造が同じ。 もっとも共産党は、自分たちの支持者はこんなレベルと思ってわざとやってるのかもしれないし、それならある意味立派だと思うけど(笑)

こんなんあるんだ。自分で薬飲んで中絶したら罪とか、明治時代の法律こりゃ流石にひどい。 現実には10年間適用されてない法律。 法律にはすべて有効期限を作っておいて定期的に見直すべきなんでしょうね。

結局、東大の教授や日本産婦人科医会のトップは「入院施設のあるところで薬を飲ませて経過観察」などと言っているけど、大多数の入院施設がない婦人科クリニックは「薬は危険だから、自院で行っている安全な中絶手術を」と叫ぶしかないということなんですよ…

古川禎久法務大臣ってこれで給料もらってんの?男性の同意がなくて中絶を断られる事案に対して人生そういうものってふざけてる。 女性が自分の身体の健康を他人から決定され続けるなんておかしい。未だに緊急避妊薬は薬局でもらえないし、避妊パッチは影も形もないし、レイプされても人権蔑ろ。

安価で安全な避妊法もあるのに、こんな目に遭わなくても中絶できる薬もあるのに女は自分で判断できないからと超絶失礼な理由をつけてアクセスさせず、自分と自分の子どもの命に関わることなのに「父親である男性」の許可がないと中絶ができない!その挙句この答弁!どこまで馬鹿にされてるのかね…

この本は自分で企画を持ち込んで翻訳したものですが、経口中絶薬についてはあまり意識していませんでした。へぇ、こんな方法もあるんだ、くらいの気持ちでした。オード・ピコー / クレール / パリの女の子が探す「幸せ」な「普通」の日々

海外では、避妊も中絶もユニバーサル・ヘルスケアと呼ばれ、すべての人にあまねく行き渡らせるべきもの 自分たちの利害と金しか考えていない医師委員は議論の場から外すべきでは 【スイッチOTC検討会議】緊急避妊薬の議論先送り‐医師委員が追加デ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました